■  にきびの種類いろいろ



にきびは、思春期の時期が過ぎれば、大抵は自然に治るものです。しかし、生まれつき、敏感肌質の場合、自然治癒力の働きが低下していることで、なかなかにきびが消えないこともあります。こうした敏感肌質の人は、早いうちからキチンとケアをしないと、にきび跡に悩まされる可能性も高いものです。これには、自身のにきびの種類、症状を知り、それに合った対処を行うことが大事となります。にきびにはいくつかの種類がある、ということも知っておかなければいけません。

にきびは、黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビの順で悪化していきます。ニキビの中心にあるゴマ粒のようなものがコメドです。これは、毛を肌の角質と酸化した皮脂が固まってできたものです。黒ニキビは、毛穴が開いて、コメドの先端が黒くなった状態です。これに対し、白ニキビは、毛穴はふくらんでいるけれど閉じている状態で、全体が黄いろっぽい白に見える状態です。黒にきびよりも、さらに悪化している状態です。

ここからさらに、アクネ桿菌が炎症を起こす物質をつくり出し、皮膚に赤いブツブツが出きてしまった状態が、赤にきびです。これが進むと、広がった毛穴の壁が破れて炎症が大きくなり、かなりひどい状態になってしまいます。また、顔以外に、背中などでひどく汗をかいた状態だと、菌が繁殖しやすくなり、背中にニキビが出来やすくなります。化学繊維の下着や、締めつけの強いブラジャーなども、背中のにきびの原因となります。また、髪を洗ったあとのリンスが背中に付着し、落としきれずに毛穴を塞ぐことも原因となることがあります。

まず、肌を健康な状態に保つことが大事となりますが、肌の健康を保つためには、市販の薬やスキンケア用品が役に立ちます。自分のにきびの種類、症状を知り、それにあった製品を使い、正しい洗顔方法をおこなうことです。これ以外、体を清潔に保つこと、ストレスを無くすこと、バランスよい食事を摂ること、などの日常生活の改善も重要です。にきびの症状を知り、症状がひどい場合は、専門家のアドバイスも得た方が良いでしょう。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 顔ダニとは??
★ 内臓疾患との関係
★ 予防するには
★ 病院治療について