■  にきび跡について



ニキビの悩みのうち、ニキビが治った後の、ニキビ跡に悩む人も結構多いようです。ニキビの炎症によって破壊された皮膚細胞の残骸がニキビ跡です。ニキビは、毛穴につまった皮脂を分解し、炎症性の刺激物を生むのですが、この刺激物が皮膚細胞を破壊することで、ニキビ跡ができるわけです。ニキビがあまりひどくない場合、こうした炎症は表皮の毛穴周辺でのみ生じるため、ニキビ跡はほとんどできません。一般的に、角層分が厚い、肌が硬い人ほど、ニキビが悪化しやすく、これが、ニキビ跡を産みやすくなるようです。

ニキビ跡は、大きくわけて3つのタイプがあります。

 ★赤みが残るニキビ跡
 ★色素沈着が残るニキビ跡
 ★凸凹、いわゆるあばたが残るニキビ跡・・・

それぞれのタイプごとに、治り易さ、対策が異なってきます。赤みが残るニキビ跡は、ニキビの炎症がお肌の内部に残っているもので、時間とともに沈静化し、赤みも時間とともに消えます。ただ、体質や肌質によって、早い場合は数週間で消えてしまいますが、遅い場合は数年間かかることもあり、多少は個人差があります。

赤みは炎症なので、、ビタミンC誘導体やフラーレンなど、抗酸化成分を配合するスキンケア化粧品が、炎症を治すのに効果的とされています。色素沈着が残るニキビ跡は、メラニン色素が表皮に沈着し、茶色いシミとなって現れるものです。メラニン色素は、ターンオーバー現象で、徐々に体外に排出されるので、数年ほどで色素沈着のニキビ跡は解消されるものです。いつまで経っても消えない場合、色素が表皮に沈み込んでいることもあるので、この場合は化粧品などで対処します。

凸凹が残るニキビ跡は、みにくいあばたとなってしまい、ニキビ跡でも一番悩みが深刻なものでしょう。ニキビが重度になると、炎症による皮膚細胞の破壊が真皮にまで及んでしまいます。そして、肌を作る成分である、コラーゲンやエラスチンが破壊されてしまい、肌が変形してニキビ跡にあばたが現れてしまいます。あばたは、化粧品や薬で自分で治すのは難しいものなので、皮膚科の専門医に相談した方が良いでしょう。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 顔ダニとは??
★ 内臓疾患との関係
★ 予防するには
★ 病院治療について