■  内臓疾患との関係



大人のにきびの場合、内蔵が関わってくることも多いようです。特に、ストレス、暴飲暴食などで内臓に負担を掛けたり、慢性的な便秘などがにきびの大きな原因となります。こうした内蔵と関わったにきびは、特に口の周りに多くできると言われていますので、注意してみることです。職場の環境や人間関係、日常のストレスがたまってしまった結果、ホルモンのバランスが崩れてしまい腎臓、肝臓、便秘などの内臓疾患によってにきびができることになります。

ストレスがたまることで、ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが活発になり、毛穴から出る皮脂分が多くなります。この男性ホルモンによって皮脂分が多く分泌することになります。男性の場合は、ヒゲが生え、毛穴が開き気味になりますが、女性の場合は毛穴が詰まってしまい、にきびになってしまいます。便秘になると、それだけでストレスがたまり、体内の活性酸素を増やし、ニキビの原因となります。

また、便秘が続くと、便が長期間腸に溜まり、これが、悪玉菌を増やすことになります。この悪玉菌が、たんぱく質が分解されて出来る、インドールやスカトールなどの毒素が腸から吸収され、血液に取り込まれます。この、インドールやスカトールが、肌荒れやニキビの原因になり、さらに、肝臓まで到達すると肝臓にもダメージを与え、全身の代謝機能まで低下させることになるのです。日本人は欧米人に比べ腸の長さが長いため、便の移動にかなりの時間がかかります。

このため、食事の欧米化も多少は関わってくるようです。肉や卵、牛乳など、動物性たんぱく質はガン発生率も高く、便秘にもあまり良くありませんので、摂りすぎないことです。便秘とにきびの改善は、適度な運動、繊維質の多い野菜を食べる事です。この他に、適度な運動を行うこと、夜更かしをしない、偏食をしない、酒、タバコを控える、などの日常生活の改善が基本となるのは言うまでも無いことです。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 顔ダニとは??
★ 内臓疾患との関係
★ 予防するには
★ 病院治療について