■  おとなのにきびの対処



にきびは、多くの場合、思春期以降になると自然に収まりますが、最近は、大人のニキビで悩む人も増えています。ニキビは体質とも関わりがあり、皮脂腺の活動が活発な人ににきびが出やすいものです。時期的なものもあり、特に季節の変わり目である、初夏や初秋に出来やすくなることもあります。大人のにきびは様々な原因が重なって現れるため、思春期のにきびと比べても、治療は難しいものです。

大人のにきびは、乾燥肌やストレスが原因のことが多いようです。肌が乾燥され、潤いがない状態になると、ターンーオーバーが乱れ、角質が厚くなり、これが毛穴を塞ぐことで、にきびが発生するのです。また、ストレスがたまると、ニキビの原因の一つ、アンドロゲン(男性ホルモン)が多く分泌され、皮脂の量も多くなり、にきびが発生しやすくなります。こうした大人のニキビの対処としては、ピーリングなどで厚くなった角質を剥がした後、丁寧に保湿をし、肌のターンオーバーを正常に近づけることなどです。

また、大人のにきびに対しては、ストレスをためないことも大事です。食生活の改善と同時に、適度な運動も行うように心がけることです。お米やパン、麺類やジャガイモなどの炭水化物は、にきびが出来やすい食べ物とされています。炭水化物は消化されると糖分に分解され、その糖分が油分に変り、皮下脂肪として蓄えられたり、皮脂の材料になります。つまり、炭水化物を食べ過ぎると、皮脂の分泌が多くなり、皮脂が毛穴にたまることで、にきびの原因となるのです。

炭水化物自体がにきびの原因、というわけでなく、炭水化物の摂りすぎに気をつけることです。煎餅やおかきなどのもち米で出来ている食べ物や食パンも、糖分が多い炭水化物なので食べ過ぎないほうが良いでしょう。他に、ケーキやチョコレートなどの糖分が多い食べ物も、消化とともに糖分から油分に変り、皮脂の材料となるので、注意が必要です。甘いものも、多く摂りすぎるとにきびの原因となるわけです。飲酒もよくありません。にきびが気になるなら、できればお酒も控えるべきでしょう。


スポンサードリンク
  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 顔ダニとは??
★ 内臓疾患との関係
★ 予防するには
★ 病院治療について